標準的に受診勧奨されている健診項目がわかります

日本でも超高齢化社会になってきたことで、健康維持をしていくことや疾病の予防を未然にしていくことは大事なことだという国民の意識も根付いてきています。そのために健康診断の受診は大切だとされていて、近年になってからは政府の方も保険者や事業者に対しての特定健診や健康診断を法律として義務付けるという制定をしています。これに伴い、2020年までには検診受診率を8割水準にまでに高めることを目指していくという目標も掲げられています。検診は医療機関で医師による検体の採取、検査などがされることになり、その結果によって健康状態の診断が下されて、必要に応じての保健指導が行われることになっています。医療関係者による判断で受診勧奨が励行されるようになり、必要に応じて医療機関の受診へと繋げていく体制が整ってきたのです。

健診結果により受診勧奨をすることは有意義なことです

今までは健診での臨床検査結果は医師による判断がされていましたが、検体測定室での検査に関しては、受検者が自分で判断をしていたこともあり、客観的な正しい健康状態を把握できないこともありましたが、医師の判断による受診勧奨が励行されて取り入れられたことで、検体測定室での結果判断においてもより正しい告知をすることができて、それにより必要がある受検者には、医療機関受診へと繋げることができるようになり健康維持や未然に病を防げるようになってきています。これはもっと踏み込んだ詳しい診断のための検査を受検者に促すメリットがあります。個人だけではなく、健診が義務づけられた企業にとっても、社員の健康状態を守ることとなりますので、結果として受診勧奨は、企業にとっても有意義でもあることなのです。

健診で受診勧奨されるまでに健康への意識改革が必要です

受診勧奨しているおすすめ健診には、メタボリックシンドローム関係があげられます。特定健診というのはメタボリックシンドロームの予防と改善を目的としていますが、メタボリックシンドロームが疑われますと、心臓病である狭心症や脳卒中などの危険性が健康な場合の30倍以上も高くなると言われていますので、特に注意が必要とされることから、受診勧奨で出来る健診としてもおすすめなのです。特定の健診でメタボリックシンドロームが疑われれば、特定保健指導の対象となります。生活習慣を見直していく指導がされ経過をみますが、それでも数値がさらに悪くなってしまいますと、受診勧奨の必要ありの対応がとられます。けれども特定保健指導の段階で数値が良くなることもあります。受診勧奨になるまでの猶予の期間は、健康な生活習慣に戻る努力をする時間でもあるのです。

データ管理人数(ID)数に応じたクラウド利用料です。 『産業保健プロフェッショナルカンファレンス』開催。 健診・保健指導実施率の向上をサポートします。 伊藤忠商事の健康経営。 初期設定からデータ移行、運用サポートも行います! というご要望にお応えします。 案内発送から予約手配、受診勧奨、結果データ一元化、精算までを一括代行するネットワーク健診サービスです。 健診の受診勧奨のことならウェルネス・コミュニケーションズ