もっとも受診勧奨されている必須の健診項目とは

健診は健康な生活を送る上で非常に重要です。特に定期的な健診で自分の健康状態のチェックや、過去の検査結果と新しい結果を比較してより健康的な生活を送っているのか、あるいは以前より悪くなっている時は生活習慣の見直しが必要です。受診勧奨されている健診項目の中で、最も大切な検査項目は胸部のレントゲン撮影と一般検血です。どちらの検査も珍しい検査ではなく、地域の集団検診でも最初に行われることが多い検査がこの二つの検査項目です。特別な理由がなければこの二つの検査は省略されません。胸部のレントゲン撮影は、肺癌などの腫瘍を発見する他に、結核や肺炎の感染などを発見できます。結核は日本ではまだ感染者が多く、死に至る病気です。しかも他人に感染する危険性もある病気のため、早期に対処しなければならない病気の一つです。

健康の様々な情報が読み取れる一般検血

一般検血は採血が必要で血管から血液を少量採取するため、少し痛みを感じる検査方法です。受診勧奨では必ず行う検査と言っていいでしょう。健診だけではなく、内科の診察でも定番の検査方法です。風邪の症状がある時でも、その他の病気が疑われる時には必ず行います。まず血液の異常、赤血球や白血球の数値の異常もすぐにわかる他、脂質異常や肝臓などの内臓の異常なども大体はわかります。例えば貧血などのうち、鉄欠乏性貧血などは、鉄剤や食事からの積極的な鉄分の補給が必要です。また、肝臓の異常値などは飲酒などの嗜好品や生活習慣を見直すことでかなり改善されます。何種類もの病気などの症状と合わせると、かなりの確率で日常生活の改善点を発見できるため、健診の項目に組み込むことで、企業の従業員の健康の向上に役立つ検査項目です。

健診結果と合わせて日常生活で注意したい点

健診結果が出れば検査結果の数値も表示されて、より自身の健康に対して関心が高まります。普段は健康に対して無関心な人でも、受診勧奨された検査結果には注目せざるを得ません。健康に対して注目して病気に関心を持つことが企業全体の健康教育につながり、受診率の向上や仕事の効率を上げることにつながります。定期的な健診が重要で、前年度との比較をすることで自身の身体の状態をより詳しく把握することができます。胸部のレントゲン撮影は痛みもなく簡単に行える検査方法です。理由なく未受診にせず、検査結果もきちんと把握することで毎日の生活で食事内容や運動習慣などを変更したり、不足分を加えると健康寿命が延び、結果的には自分の生活がより良い方向へ向かっていきます。積極的に健診を受けて不安の少ない日常生活を送りましょう。