受診勧奨された健診項目結果の見方もフォロー

健診の受診勧奨を受けたことがあるでしょうか。今、自治体などいろいろなところで特定健診の受診勧奨を行なっています。日本人の死亡原因の約6割が生活習慣病だと言われています。それらを予防するために40歳から74歳までの保険加入者を対象に一年に一度特定健診を行うよう勧めています。特定健診はメタボリックシンドロームに着目し、身体測定、血圧測定、血中脂質検査、肝機能検査、血糖検査、尿検査、問診、診察等を行うものです。その結果、メタボリックシンドロームの診断リスクがある方は保険指導を受けることになります。また、異常があれば再検査など医療機関へかかることを勧められます。生活習慣病は、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気につながっていきます。自分の体の状態を知り、生活習慣を改善することでそれらの病気を予防できれば、のちにかかる医療費も削減されます。

健診の結果をきちんと見たことがありますか

健診の結果、再検査などの受診勧奨をされることがあります。様々な検査結果が数値として表されているわけですが、これらの意味を知っているでしょうか。おおよその判定だけ見ている方も多いのではないでしょうか。専門用語と数値の羅列でわかりにくいでしょうが、きちんと見ればもっと自分の体について知ることができます。各項目についてそれらの働きと基準値は結果と共に書かれていることがほとんどですので、一つ一つに目を通しておきましょう。特定健診時においてメタボリックシンドロームとされる判定基準は、腹囲・血糖・血圧・脂質により行われますが、これらの基準は予防の観点から一般の高血圧、糖尿病などの診断基準よりも厳しくなっていますので、健診の判定=病気ではありませんが、予備軍ということになりますので十分に気をつけて生活してください。

特定健診以外にも健診はたくさんあります

特定健診以外にも、一般健診やがん検診など様々な健診が行われており、受診勧奨されています。何の症状もないのに病院に行き、保険のきかない高い検査料を取られるのは嫌だと思う方も多いと思いますが、社会全体として受診勧奨がされている昨今ですから、補助金が出るものもたくさんあります。また、料金は多めに取られますが、検査項目をもっと増やした人間ドックや、脳ドックなどもいろいろな病院で行われています。普段知ることのできない体の内部が細かに調べられるので、病気の予防や早期発見に役立ちます。病院ごとに検診内容も値段もサービスも様々ですので、どこが良いのか見比べてみてください。半日で終わるものや女性向けサービス、中には食事券がもらえるようなものまであります。上手に活用して健康な生活を送っていきましょう。